築13年の屋根状況

2019/10/19

こんばんは!株式会社吉昇エコハウスの杉岡です。 先日着工した屋根の状態を見て参りましたが、築12~13年の コロニアルで、経年劣化により破損している箇所がいくつかありました。 写真の状態の場合、下に重なりがあるので雨漏りにはつながりませんが ひび割れ等はシール補修後の塗装となります。屋根の場合遠目からでは わかりにくい事もありますが、やはり遅くても10年位での改修の方が 塗膜もまだ残っているので、ムラがでにくく綺麗に仕上がりますね・・ また棟板金の釘が浮いているかの確認もできますし・・これが過ぎると 台風や強い風で飛んでいってしまう事も多々ありますので・・ 先日も問い合わせで、墨田区の棟と破風板金が飛ばされたお見積りを だしに行きました。足場を組まないと修理できないので、外壁の見積り と一緒に提出いたしました。こちらのお客様は火災保険で対応可能との 事でしたので、保険対応の工事となります。