東葛西 外壁屋根塗装

2022/01/06

こんにちは!株式会社吉昇エコハウスの佐藤です。
新年初の現場になります。こちらのお住まいは10年前に
外壁のひび割れを気にして塗装をしていましたが、数年で
割れがでてきてしまい気になって問い合わせが来た現場になります。
原因としては新築時に、塗装下地がモルタルではなく、コンパネに
そのままジョリコート(塗膜の硬い塗装)が塗ってあるので、コンパネの
縦横の継ぎ目が割れてきてしまうのと、揺れや動きで継ぎ目以外も
割れてくる状況にありました。塗装工事でのひび割れ保証は一般的に
出せないのですが、前回は塗膜の薄い下塗りと微弾性塗料での仕上げで
すぐに割れてきたものと思われます。ただし、弾性塗料を使っても、こういった
下地状況ですとひび割れの保証ができませんが、今までこういった現場での案件で
ひび割れが数年起きなかった工法での提案(リベルマイスター21工法)で施工する
事になりました。高弾性塗料の下塗りが主材と呼ばれる防水塗膜を2回の色を2回の
計4回仕上げになります。こちらも良い写真が撮れましたらアップしていきたいと思います(^^♪