下塗りの知識

2019/09/18

こんばんわ!株式会社吉昇エコハウスの杉岡です!
今日は外壁塗装工事における下塗りについてブログに書きたいと思います。
外壁や屋根の塗装に使用する塗料は基本的に3回塗り仕様がほとんどです。

下塗り → 中塗り → 上塗り

単に3回塗りといっても同じ塗料を3回塗るのではなく、下塗りには塗料の商品に合わせた下塗り専用の塗料を使用します。
例えば最近紹介した助成金対象の塗料で 日本ペイントのサーモアイ4Fをスレート屋根に塗装する場合

サーモアイシーラー → サーモアイ4F → サーモアイ4F

こうなります。サーモアイ4Fを鋼板やトタン屋根に塗装する場合下塗材が変わり

サーモアイプライマー → サーモアイ4F → サーモアイ4F

こうなります。塗る外壁材や屋根材により、更には状態(傷み具合)を現場判断し下塗材は変わるのです。
使用する塗料のパンフレットを見れば施主様のお家に最適な下塗り材が必ず載ってますので、もしも心配でしたら工事前に確認してみてはどうでしょうか?

そして下塗り材は専用の材料でないと主材の効果を最大限に発揮できない可能性があります。
こちらも心配でしたら業者さんに頼んで塗料缶の写真を撮ってもらうなどして確認してみるのも一つ安心材料になります。
これから塗装を考えてる施主様は是非参考にしてみてください。