雨漏りは簡単ではない!

2020/11/07

こんばんは!株式会社吉昇エコハウスの佐藤です。
先日から引き続きしている地下室雨漏りの現場ですが
最初から説明しますと、こちらのお客様は外壁と屋上の
経年劣化もそうですが、第一は地下室の雨漏り(水浸し)を
気にしていて、第二に防水と外壁の修繕な感じで、最初の
業者が防水すれば治るで、屋上防水をし、それで止まらず
業者の感じも良くなかったみたいで、ヤマダ電機さんで外壁(弊社が下請けで施工)
をして止まらず!(僕たちは地下室の経緯を聞いておらず、外壁の指示で塗装)
その後に弊社でその話を聞いて、雨漏り試験をした所、外壁や屋上の線は薄いと
判断し、濡れている壁を昨日バーナーで乾かし、本日は午後から雨予報だったので
本日見に来て濡れていたら、家の中の給水か、排水の線に繋がるので、そこに仕掛けをしました。

画像が横向きで見ずらいですが

濡れていました!これで外壁や屋上の線はなく、ただどこの給水かまでは
まだわかりませんが・・やっぱり究明してからやるのが1番だと確信しました!
また奥に溜まっている水たまりは、地下の途中に水がたまる少し深い穴が空いていて
そこにゴムベラで全部かき集め、灯油を組み替えるしゅぽしゅぽに、長いホースを
付けて外の排水溝に出して、30分くらいかけて全部水を抜きました。おそらく
浴槽1杯分は出たかと思います。浮いているものが、浴槽や洗濯にでるような垢
みたいなのが、浮いていたので

しばらく、普通に生活してもらい1週間後、また様子を見て下に溜まるようなら
その線が信頼性があるので、洗面室床の改修相談になるかと思います。
弊社は、前にも投稿しましたが、雨漏りは100%解決しています!
解決できていないお住いがあれば是非、挑戦させていただきたいです!